作るのに手間がかかるのが難点…

写真を残そうと思った時、多くの人が利用するのが昔ながらのアルバムではないでしょうか。実際、子どもの頃の写真や家族写真などをアルバムに収めているという人も多いと思います。また、文具店や写真屋さんで手軽に購入出来るのもアルバムの良いところです。そんな風にメリットが多いアルバムですが、実は作る前に知っておかなければいけないデメリットがあります。 その中でも最も大きいデメリットが、作成するのに手間がかかるという点です。アルバムの作成に取り掛かる前には写真をプリントアウトしなければいけないですし、それを一枚ずつアルバムに綴じていく作業も必要になります。人によってはアルバムを作成するのに半日以上の時間を費やしてしまう人もいることでしょう。このように写真を保管するアイテムの定番であるアルバムには、作成するにあたって手間がかかるというデメリットがあるのです。

アルバムの収納場所に困る人が多数!

写真をたくさん収納することが出来るアルバムは、その収納枚数が多ければ多いほどサイズが大きくなり、また重量も増えていきます。そのため、アルバムを作ったのは良いものの、収納場所に困っているという人が続出しています。例えば、大きいサイズのアルバムだと本棚にしまうことが出来なかったり、あまりに重いアルバムだと高い場所に収納することが難しかったりします。また、そのようにたくさんの写真を入れた大きいアルバムは持ち運びに不便であるというデメリットも持ち合わせています。ですから、気軽にアルバムを持ち出して写真を眺めたいという人には、大きなアルバムの使用は向いていません。もし手軽にアルバムを使いたいのなら、手帳サイズのアルバムを購入するなど工夫をすると良いでしょう。